◇ HOME ◇ 教室案内

練習体験談

気功教室を受講されている生徒さんの体験談を一部ご紹介します。
皆さん、さまざまな効果を得ていらっしゃいます。
精神的にバランスがとれて安定してきた、体調が良くなった、便秘が治った、肩こりや慢性病が軽減された等々。個人差があるので、どなたでも同じような結果を得られるとは限りませんが、参考にしていただければと思います。
  外気による体験談はこちらです  外気体験談





リンパ浮腫、胸膜炎が改善しました(70歳女性)  2018.7 new!

70歳。陶塑を仕事にしています。
子どもの頃から体力がなく 一年中風邪をひいていて よく腹痛を起したり 熱を出していました。
若い頃から早朝苦しくて目覚めることが多く 病院での検査では問題なかったのが、のちに鍼灸や漢方薬で脈診を受けるようになって 脈が全く取れなくなる時があることが解りました。

20年ほど前 子宮体癌の手術で子宮 卵巣 リンパ節を全摘。この後遺症で左足のリンパ浮腫があります。
また陶塑の仕事で右肩の腱板3本を断裂して手術、左肩も腱板に少しキズがあり 疼痛。 頸椎はまっすぐに起せず 肩甲骨付近の痛みやぎっくり背中をしょっちゅう起していました。また胸膜に水が溜まる胸膜炎が 季節や疲れで出ます。
陶塑の仕事による手の冷えが原因との診断。
漢方薬や鍼灸の治療を長年続けていますが なんとか自分の身体を自分で調整しながら 仕事を続けたい。
いろいろ探って 気功というものにたどり着きました。

初めての見学体験で すぐに頸椎や肩甲骨周りへの影響が現れました。
2回目くらいからは 首がまっすぐに起せるようになってきました。
徐々に肩周りが楽になり 腕の可動域が信じられないくらい自由になり、今では 肩腱板まわりの痛みもほとんど無くなり、左側を下にして横向きにも眠れるようになりました。胸膜炎も治まっています。

体操を始めて 何度もぎっくり背中を起しているけど、それもすぐに体操で治せるようになって自信がつきました。
風邪は今もひいているが、メリハリがついて 解りやすくなっています。
左足のリンパ浮腫に関しては まだ波があり、体操を始めた最初の時は奇跡のように 浮腫が引きました。
以前はいていたGパンが はけるようになってびっくり。 お腹の不調などで 浮腫はまた戻ったりと 変化はありますが、改善に向かっていると思っています。

築基功練習日記  2017.4

下記にご紹介するのは、中国で私が築基功を教えてから、毎日、練習を続けている人が書いた日記からの抜粋です。皆さんのご参考になればと思いご紹介します。

===========================================================

霊鑑氏(女性)の日記からの抜粋

2017.4.30   06:40~07:15 晴れ  

屋外で動功を練習 今日は連休の第一日目。朝は少しゆっくり寝て、6時過ぎに起きました。
まず、朱剛先生の文章を読んでから、毎日朝の練功を始めています。 今日は第4番目の動功、蠕動を練習します。蠕動をしながら、背骨に意識を集中していくと、朱先生の言った通り、動作が慣れてくると、気の感覚が段々に分かってきます。
蛹動、擺動、捻動(特に蛹動)の動作に慣れてくると、練功を始めると直ぐに背骨が暖かく感じるようになります。
でも蠕動になるとその暖かい感覚は薄くなります。 今回、「瞑想、養生コース」で、朱先生が蠕動から練功を始める事を教えてくれました。
蠕動を繰り返して練習していくと、外在の動く感覚に段々無関心になって、代わりに内在の気感が浮かんできます。

身体も柔らかくなって、胸椎の部分も動くようになります。 気の感覚が浮かんでくる時、背骨全体が、朦朧としていますが、細い帯のような感じではなくて、太い気の柱のように感じるようになります。その感覚を段々と拡大して、発散させて、明るくなって、頭が動く時、懐中電灯が目に当たっているように感じます。
同時に臭覚も敏感になって、子犬が庭にした大小便の匂いも敏感に感じるようなります。後で考えてみると、これは朱先生の言った通り、外部の刺激が少なくなると体内の微妙な感覚が生じてきて、五感も敏感になるからでしょう。
練功終了後、目を開けて空を見ると、太陽が木漏れ日のように柔らかいです。 目を閉じて練習した時の強い光とは全然違います。 考えてみるとこのような練習を始めてから、私の視力も段々と回復し、少なくとも近視が改善され、眼鏡もいくつか作りなおしました。これも瞑想の効果でしょう。

2017.5.11  06:02~06:58 晴れ 屋内で動功 今日は内動(体内の気を動かす)から始める。だいたい10数回の蛹動のあと、擺動と捻動を少し練習して、捻動の時から、上腕は何かのパワーに持ち上げられ、動かされているような感覚がある。
そして身体全体が明るい光に包まれました。捻動を2回練習した後、蠕動になり、腕全体が柔らかく、各関節まで柔らかくなり、柳のように空中で動いています。
そして身体の感覚が段々なくなり、透明になり、周りの光と融合して一体になり、止りたくないくらい良い気持ちになります。
収功の時、周りの明るい気が全部下腹部に収まって、濃い気の塊になります。 目は閉じていますが、瞼は少し動いているような感じです。外はとても明るいという感じがして、目を開けて確認してみたいくらいに明るい感じです。
全身は暖かいですが、収功の時、気が脊柱に沿って下りて、下腹部に行くときの感覚は涼しいです。練功が終わった時も両腕にまだ涼しい感覚が残っています。でも寒くはありません。

2017.8.10  05:52~06:46  晴れ 室内で動功 多分、生理が近いせいで、今日の座禅は先ず、身体が涼しく感じられて、腕の毛根から涼しい気が出て動いている。その後はみぞおち周りに少し腫れるような感じがあり、続けて練習していくとその腫れが引き、全身が暖まり、胸、下腹部まで暖かくなったが、汗は出ませんでした。収功後は爽快な気持ちになりました。

2017.8.18  05:26~06:20 屋内で静功  07:00~07:20 屋外で動功 久しぶりに屋外の練功をしました。すると、朝、室外の鳥声だけなく、昆虫の鳴き声も聞こえました。静かにして、朝の新鮮な空気を吸って、大自然の音を聞くと、とても良い気持ちになり、良い生活だと感じました。

2017.8.29  05:17~06:30 曇り  屋内で静功と、屋外で動功 昨夜、雨が降ったからか、地面は乾いているが、空気が湿気ています。 動功の練習をする時、五感が整って、敏感になり、その後は気の感覚に包まれました。 第2番目(蠕動)を練習する時、左上腕が重くなり、重い物を乗せられたような感じがする。第4番目の動作をすると軽くなった。練功の時、両手の指が腫れるような、手の平に暖かい気の塊を握っている様な感じがする。練功の時、身体が柔らかく、軽く、楽になる。練功のあと、爽やかですっきりした気分になります。

2017.11.6  06:36~07:20 晴れ 屋内で動功 練功を始めて、第2番目の動功(擺動)で、上腕と胃の部分が寒く感じる。骨に刺さるような寒さ。第4番目の動作(蠕動)になると、涼しい感覚を通して暖かくなります。 収功の時、下腹部に小さな火の玉が燃えてるような暖かくて良い気持ちになります。 次は便意を催して、快便だった。

2017.11.9  06:30~07:10 晴れ 屋内で動功 今日の動功は第4番目の蠕動から始める。 練功の時、背骨が暖かく感じて、小さい火の玉が脊髄で燃えている様な感じがある。 この熱感が全身に発散し、身体に少し汗が出る。 収功後、両方の手のひらと下腹部が暖かいです。

======================================

陸敏氏(女性)の日記からの抜粋

2017.8.13    今日は禅定、養生コースの2日目です。 朱先生は動功を主に教えていますが、今日は背骨の動きを復習しながら、気の流れの事を中心に皆さんと一緒に練習しました。今までは背骨の運動法を有酸素運動、健身体操として練習してきました。気感は静功の練習の時、浮かんできて流していましたが、今日はやっと動功の時に、気感を体感することができました。
特に第4番目の動作(蠕動)をする時、背骨が濃い気の中で動いて、気を動かしていると感じました。 練習の間に気が段々、肺臓に集中して、心身ともにリラックスして愉快になりました。 頭頂部に強烈な光があり、同時に両方の手の平が暖かい気の卵を持っている様な感じになりました。


2017.8.15  12:00~16:00 瞑想 これから24時間、列車に乗ることになります。座って練習する時、列車が揺れて、人が行き来して、雑音が多く、背筋をまっすぐにして座っていましたが、安定していませんでした。
その時、先日、朱先生から、座る時、背骨を動かして気を動かす功法を習ったことを思い出しました。それから電車の揺れに従って背骨を微動させ、動功を行いながら、背骨に意識を集中する練習をしました。すると周りの雑音や邪魔な感覚が段々なくなり、代わりに気の感覚が浮かんできて、背骨が少し暖かくなりました。
夕べ、ホテルに宿泊した時、肩が凝って、左肩と首が固く、痛くなりましたが、練功の時、濃い気が段々、固いところに集中していって、左肩と首が気で充満され、しびれてきました。これで4時間座りましたが、全然疲れもイライラもありません。かえってリラックスして穏やかになり、愉快な気持ちで一杯になって、夕食が終わったら続けて座禅を行いたいと思いました。


=======================================================

以上、二人の体験をご紹介しました。 二人とも、禅密気功、或いは私が今教えている瞑想法を約1年半前から始めて、毎日続けてきました。
昨年1月初めころから体験談を書き続けています。 練習期間は長くないですが、とても良い体験が続いています。
このような効果が出るには、二人に特別な素質があるからと思われるかもしれませんが、実際は80年代、気功が流行った時期、何日間かだけ練習して、すぐに効果が得られる事はごく普通でした。当時、気功の雰囲気が高まっていたので、練習の時、純粋な気持ちで、期待を持って、頑張って練習したからでしょう。

30年の年月が流れ、現代は昔と随分変って、心身共にもっと忙しくなって、以前より落ち着かなくなって、瞑想は身体に良いと分かっても、意欲を出す人は少ないですし、練習をしても色々な他の事を考えて集中していないことが多いです。
瞑想の練習は難しいと言えば難しいですが、長い期間練習しても効果がない事が多いです。瞑想の説明の本も難しくて、わけがわからない話が一杯あります。

瞑想の事を簡単と言えば簡単です。型が動かないだけでなく、意識もなるべく功法で説明された微妙な感覚に集中していくことです。
瞑想の秘訣はそこです。 そのポイントに従って行えば、早めに効果が現れてきます。 築基功という背骨の運動法は動功と言っても良いですし、瞑想といっても良いです。 動功は背骨を通して全身を動かす有酸素運動です。 瞑想は中身の意念を動かす事です。
初めて練習する人は、動作の方は動いていますが、意念の訓練はあまりしていません。それが原因で、中身の気感があまり出てきません。 二人がとても良い効果を得られたのは、単純な気持ちで意念の訓練を努力して練習しているからです。

私達も改めて、意念の練習をしているかどうかをチェックしながら練習をしてみましょう。 (朱剛)

ガン爺さんのキコー噺  2013/11
一.必然

吾輩はガンジイである。名前は書いた。インドのマハトマ君とは関係がない。
倭島に暮らす、♂、65歳。
前立腺ガンが全身の骨に転移したまま、ガン付き生存六年目に突入している。
チビの頃、愛好したもの。オンブと籐製の箱形乳母車。
学校時代忌み嫌ったもの。運動会と長距離走。
臨床心理学・行動療法に自律訓練法というのがある。

「右手が重くなる、右手が重くなる」と心の中で呟く練習をしていると、実際に重くなってくる。
教科書にはそう書いてある。四十代、一時間の電車通勤の折、毎日練習した。
上手く行きそうと感じたとき、転職し、車通勤になった。
臼井吉見の「安曇野」(新宿中村屋の話)を読んでいたら「野口整体」が出てきた。
野口晴哉「整体入門」を読み、その中の「活元運動」の練習をした。 これは体を動かす“努力”の必要がないので、結構面白かった。この本に「気」「愉気」が出てくる。

岡崎久彦という、元情報関係の外務官僚をしていた人がいる。沢山本を書いている人で、その殆どを読んだ。中に一冊だけ気功の本があった。その中にあった「小周天」という気を回す練習をした。体を動かすのが嫌いな僕の、老後用健康法と考えたものだった。ガンで「活元運動」が消え、「小周天」の集中が出来なくなった。そんな時、朱剛さんと出会った。

二.不思議なシュゴさん

朱子学を確立した朱熹、12世紀。
明朝初代皇帝・朱元璋、13世紀。
黄門様の師匠の朱舜水、17世紀。
受験世界史に出て来る「朱」姓の人たち。
朱舜水は、正統な南朝に忠誠を尽くした楠木正成を歴史の中から拾い出した。
神戸の湊川神社には楠木正成の碑がある。表の文字は光圀が書き、裏の碑文は朱舜水の作。
正成が中国の人に発掘されたことや、湊川神社にその碑文あることは知られていない。

明は、元(モンゴル)と清(満州族)に挟まれた中国最後の漢民族の王朝。
で、朱姓の人は漢民族。
最初の外気功は、シュゴさんが家に来てくれた。外気功の宅配。
漢民族は、背が高くて色白。
ジャッキー・チェーンのような南の中国人は、小柄色黒でコロンと太っている。
シュゴさんは、色白ですらっとしていた。

僕は人に過敏で、新宿や銀座などの人混みに行くと、その後、頭が痛くなる。新幹線や飛行機など、近くに他人がいるとなかなか眠れない。接触にも過敏で、触られても不快じゃない床屋や歯医者を見つけるのに苦労する。
初回、シュゴさんが隣にいて、背中なんかに触ったのだが、僕は熟睡した。
知らない人が隣にいて、しかも触られて、それでも眠ってしまうなどということは、普段の僕には起こり得ない。人生初の珍現象。

僕の筋肉や神経がシュゴさんを信用し、勝手に警戒を解いた。シュゴさんの不思議。
生来、僕は理屈っぽくて、頭でっかち。
が、屁理屈をこねたくても、この事実の前には手をあげるほかない。
気功は、こうした全的な信頼関係の上に成立するんじゃないか。

三.ガン爺さんのガン

55歳過ぎて、衰えを感じた。
当たり前のようでもあったが、どうも並みより老化が早い。還暦近くなって、食欲を無くして激痩せし、急速にスタミナがなくなった。溶けるように筋肉が消えていった。
還暦の夏、口が廻らなくなったので病院へ行った。これは脳梗塞で、薬で改善。
この時、前立腺ガンが見つかった。
検査ケンサのヒト月の後、全身の骨に転移している進行ガンと確定。手術も放射線も使えない。

五年生存五十パーセント。一年生きていると保証は出来ない。背骨が折れて死ぬことがある。
化学療法のみ。抗ホルモン剤で五年、その後、抗ガン剤で二年。最長七年。
僕の寿命は、長くて67歳までと決まった。
上手く行けば五年効くはずのホルモン剤が、一年で効かなくなった。
この時点で、僕の寿命は63歳までと短縮された。
二年以上生きた人がいないという抗ガン剤が効いた。
10回点滴して、一年半休薬。再開して、20回までやって二度目の休薬。

数字は着実に上がっていて、いずれ再々開される。
一度目の休薬期中にシュゴさんと会った。
闘病は抗ガン剤にまかせ、闘抗ガン剤はシュゴさんにまかせた。
シュゴさんは、肝臓強化に焦点を当ててきたそうだ。
二年以上生きた人がいない中で、僕はもう四年生きている。

四.何言ってやがんでぇ

背骨ゆらゆら体操のCDは、「背骨をあらって、かんそうすると、きれいに見える」と言う。ホースからの水を掛けて、洗車用のブラシで背骨をゴシゴシ洗い、ドライヤーで背骨を乾燥するイメージを懸命に描くが、背骨が綺麗に見えたりはしない。
何言ってやがんでぇ。
そしたら、「あらう」は背骨を上下に眺めることで、「乾燥」じゃなく「観想」するんだという。
なるほど。なら、「きれい」は美しくというより、鮮明にということだろう。
「楽な感覚に集中せよ!」と言われたって、「出来るかそんなこと!」
仕方がないから、少しでも明るいところがあれば、そこに集中することにした。これならできる。
「第三の目で無限の空を見よ!」

目の前の雲を押しのけて、少しでも遠くを見ようとする。と、宇宙の彼方を見るみたいに真っ暗になる。「楽しくねーな」と思ったとたん、目の前が雲だらけに戻る。
「白い粘り気のある固まりを動かせ!」そんなモンは見えん。
「意識を集中し、その集中しているところを移動させよ」そんなら出来る。
「座れば座るほど楽になる!」これは最初からホントだと思っていた。
だが、初期の僕は、背筋を伸ばしているつもりなのに、ぐしゃっと背が曲がった。 懸命に伸ばすのだが、1分ともたない。
そこに、シュゴさんの一言があった。「運動は大事です」

五.気功道場事始め

外気功は新宿・江戸川橋まで行く。
家人の送り迎えで、外気功の間、彼女は待っている。同じ部屋で待っていても、部屋中に気が充満するのが分かるという。気を送るのに強力な人と、そうじゃない人がいるだろう。
気の受容能力にも個人差がきっとある。僕の受容能力が高いとは、残念ながら思えていない。
気功道場・入門編は、横浜駅西口。現在僕は、横浜の住人。
これも家人の送り迎えだが、これは二人でやっている。

ガンの確定診断が出た頃、携帯を持っただけでも首が痛かった。
横向けで眠ると、上の足の重さに下の足が絶えられなかった。
椅子に座って足を組むと、足が痺れても分からない。足の組み替えには手の援助が必要だった。
寝返りをうつと激痛が走るので、寝返りには勇気が要った。
寝返りが少ないので、左のアバラが痛んで頻繁に目が覚めた。
こんな状態で背骨ゆらゆら体操を始めた。立ち続けるのがシンドイくらいだったから、体操は辛かった。他の人は立ってやり続けていたが、僕はチョクチョク椅子に坐って休んだ。

瞑想で椅子に坐っていると、尻の肉が無くなっているので、
ケツ痛が起こる。初期には、座蒲団を持参した。

かなり慣れた頃、抗ガン剤を再開。
頭髪・マツゲ・鼻毛などが抜け、爪が茶色になり、塩分を感じない味覚障害が起こる。
運動がやたらしんどくなる。
生あくびを連発する。泪と鼻水がジョロジョロ出てくる。
木曜の道場日が恨めしかった。毎日が木曜日かと思うほど、木曜日はすぐやってきた。

六.外気功事始め

気功道場に比べると、外気功は順調に始まった。
おでこに手をかざされると、おでこが暖かい。次第に熱い瞬間が出てくる。
時には目の前が真っ白になり、二三発スパークする。まぶしい。
座位で背と腹に手を当てる。
最初は、背に、薄いゴムの湯たんぽが出来、これが大きくなったり縮んだりした。
やがて、体全体を包むようになった。
シュゴさんの手と僕の腹との境が消え、彼の手は僕の体の中にあった。背との境は消えない。
腰が曲がってしまうので、定期的に、グググと押し込まれて背筋を伸ばされた。
横臥して背中に手を当てる。

今度は、目の前にいろんなモノが見える。様々な色のオーロラ状のもの。
形も色も二度と同じもののない万華鏡とでもいうか。とにかく美しいので退屈しない。
あっという間に時間が経っていく。
しかし、待っている家人がとんでもないことを言う。「ものすごいイビキをかいて眠っていた」と。
冗談じゃない、僕はずっと覚醒していた。そう信ずるのだが、家人の容赦はなかった。
瞑想の際の敵は雑念と眠気、と聞いていたから、眠気と闘った。眠ったときの夢は、天然色の動画。
それに対し、外気功の時見ているのは、モノクロや色つきの幾何学模様のようなモノ。
で、本人は起きている気分。が、家人は譲らない。仕方ないので、僕は「覚醒睡眠」と名付けた。

七.暗黒時代がやってきた

外気功と気功道場、同時に暗黒時代がやってきた。
前立腺の進行ガンの場合、骨シンチという検査がある。普通の骨は白く写るが、ガン化した骨は黒く写る。僕のは、頭蓋骨も背骨もアバラも、手足の骨もビッチリ真黒で、白はおろか、グレーのところさえなかった。教科書では見たことあるが、実際に見たのは初めて、と主治医が顔を歪めた。
この真っ黒骸骨の映像は、脳にこびりつき、15日ほど僕を苦しめた。
この映像のせいで、最初背骨は実際の位置より左前に、黒く見えた。

それが数ヶ月で、水色に白を混ぜた明るい色に変わった。クッキリ見えると、石膏で作った模造品に見えた。それが生黄色に変化した直後、何も見えなくなった。それから一年経つが、未だに背骨は見えない。
元々「白い粘っこいモノ」は見えず、その見えないモノを見えない背骨に回すことなどできっこない。無限の空も、真っ暗なだけ。
あれだけカラフルにいろんなモノが見えた外気功も真黒オンリー。
おまけに、初心がカケラもなくなり、悪擦れして緊張感ゼロ。もう、つまらないオバケ。

こうなるとどうなる?雑念と眠気の集積が僕、という情態。
外気功や瞑想時は勿論、骨ゆらゆら体操をしながらでも眠ってしまった。
外気功では天然色動画、つまり夢も見るようになった。気が付くと、〆切りの近づいた原稿を考えてしまっていた。おかげでいい原稿が書けたが、これは雑念。
さて、僕はどうやってこの地獄を抜け出したか。

八.復活

「禅密気功」の道場には、中級・上級コースがある。
僕は通い出して三年目になるが、未だに序の口の「築基功」のコースに通っている。
僕は会社組織で、行動障害を起こした自閉症の人たちと付き合ってきた。
ガンになったおかげで、仕事を止めることができた。二人でやっていた仕事を、家人一人で続けている。髪結いの亭主で喰わせて貰っているのだが、医療費も気功費も払ってもらい、病院も気功も送り迎え付き。転がって本を読み、時々原稿を書くだけ。

こんな贅沢な髪結い亭主は空前絶後だろう。

フラツキがあって杖を手放せず、ヘバルとヨツンバイで階段を登る。
だから、「築基功」の骨ゆらゆら体操が欠かせない。
10回で一コースなのだが、「築基功」コースをもう10回繰り返している。
一緒に来ている家人は殺人的に忙しい。木曜夜の横浜の時間しか空けられない。
二人とも「築基功」の鬼となった。
10回続く内の終盤、「収功」とか「双雲功」の練習がある。「終功」の場合、一連の動きの中に、頭の上で両掌の間に気を集める瞬間がある。

なんだか、手と手の間に何ものかが存在するようになった。
「双雲功」の時、掌を体の前でユックリ動かすのだが、それに連れて、体の中を何ものかが動く。白い粘り気のあるモノじゃないが、霞か雲かって感じで白い広がりが動く。
この二つが面白くて仕方なくなった。
そこで、気を回すための骨ゆらゆら体操の折、両掌を背骨向け、ユックリ上下に動かしてみた。
次いで、両手→片手の中指先で回す動きを作った。
気を回せるようになったわけじゃないが、眠気&雑念地獄からは脱出した。

九.おちる・おちる、どこまでおちる

前立腺ガンの場合、PSAという数値がカギを握る。4を超えると、ガンを疑う。
僕の場合、初期的に500ぐらいあった。
抗ホルモン剤で、1.3まで落ちたが、やがて上がり、800越えで抗ガン剤が開始された。
10回の点滴で、0.15まで落ち、一年半休薬。
この休薬期の終盤にシュゴさんと出会った。
今度は、800ではなく、1.35まで上がったところで再開。総計20回の点滴で、0,05まで落ちて二度目の休薬。

ガン付き人生になって、夏の暑さを歓迎するようになった。2013年の夏も快調に過ごした。
案外早く残暑が消え、TVのニュースでは爽快な日々と言われるのだが、僕には冬。
我が小屋は、床暖なので、真冬でも室内気温は最低24℃。
真冬は体も慣れているし、警戒もするから大丈夫なのだが、秋口の24℃は危険。
ほとんどの人は寒くない。僕の体(脳)も感覚が鈍くなってしまっているので、寒さを感じない。
論理的に考えれば、体温は36℃で、室温24℃なら体は冷える。
冷えた自覚がないが、体が冷えると異常が起きる。
階段を登る馬力が極端に落ちる。

薄気持ち悪くなって食欲が無くなるのはともかく、いつもは欠かせない酒もそんなに飲みたいと思わなくなるのはただ事じゃない。熟睡できず、断続睡眠になる。気分がドンドンどんどん落ちていく。
どうすりゃイイのかというと、外から温めればよいのだが、それになかなか気付けない。
こんな状態で抗ガン剤を再々開したら、今度は耐えられないんじゃないかドカドカ気持がめり込む、底なしに沈んでいく。
何しろ抗ガン剤が一種類しかなく、二度の攻撃に耐えてきた強者ガン細胞との三回戦。
こんな時、シュゴさんが満面の笑顔で言った。
「会ったときはアチャー状態だったが、ものすごく良くなっている」

十.シュゴちゃん神の子、不思議な子

シュゴさんは、「春は肝臓を大事に。無理をしないように」と言った。
そこから盛り返したのだが、秋には急降下。
「秋は肺を大事に。体を冷やさないように」と言った。
体が冷え、心は冷凍。結構辛かったのだろう。
「もう、いいか」とつぶやいたら、家人も、「そうね」と答えた。

最初に主治医から、このガンは治らないと言われている。
いずれ薬が効かなくなって、サヨナラ。気功で免疫が上がっても、ガンは治らない。
ガンは抗ガン剤任せで、気功のせいで快適に暮らせたら幸せだ。
死ぬ数日前まで、ニコニコ元気なら、僕の勝ち。
そうは分かっていても、気分の落ち込むことをどうにも出来なかった。
そういう落ちこみ方もあると、初めて知った。
一挙に雑念&眠気地獄に舞い戻った。ホント地獄。

シュゴさんが、「最初に会ったとき、あのまま二三ヶ月経っていたら、どうなったか分からない」
「覚悟した以上に良くなっている」と嬉しそうに話してくれたことでギヤチェンジ。これが本物の気功師の仕事。
その翌週の外気功では、様々なモノが見えた。
黄土色がかった草色に窓が開き、その窓が、黄色や赤やコバルトブルーに変化する。
窓が白くなると、その白いスクリーンに様々な模様が次々浮かぶ。
かと思うと、一面深紅濃淡のフジバカマ原になり、中央がスパークする。
これは元気を取り戻した証拠で、そのあと、より元気になった。

参考文献
岡崎久彦「なぜ気功は効くのか」PHP文庫
臼井吉見「安曇野」ちくま文庫
野口晴哉「整体入門」ちくま文庫
築基功と出会う   岩間太郎
アメリカの手技療法であるカイロプラクチックのなかにSOT(Sacro Occipital Technique)というテクニックがあります。De Jannetteが唱えたこの学説は、人間の頭蓋から脊柱管内を循環する脳脊髄液は第三脳室で生産され、第一次呼吸メカニズムによって神経細胞へと栄養供給をおこない、生体の恒常性の維持を司っているといわれています。
吸気時、仙骨は先端が前方に移動し脊柱管内の硬膜は後下方に引かれます。その結果、脊髄は収縮し大脳半球が広がり、横径が長くなります。脳下垂体は前上方に移動します。呼気時はそれぞれ反対側への移動が生まれ、脳脊髄液が循環し、脳内ホルモンの分泌が促進されます。この脳脊髄液のスムースな生産と吸収がなされてこそ、自然治癒力は向上するといえます。

私がはじめて気功に出会い、朱先生の指導で築基功を習いはじめたとき、まず感じたのは、ああこれは脳脊髄液の促進そのものだなぁ、ということでした。とくに脊柱の椎骨を一節ずつ前後に揺らす蛹動は髄液の流れを促進します。ゆら~りゆら~りと脊柱をくねらせていると、白っぽい気が流れはじめているのが感じとれます。さらに時間をかけて尾骨から一椎ずつ椎骨をのぼっていきます。朱先生は言います。「意念をもって、気を感じて」と。
禅密気功では頸椎から仙骨までの背骨を生命活動の根源となる器官であると言っています。蛹動をつづけていると暖かさがからだ全体にひろがっていきます。ゆら~りゆら~り、もう脊柱をくねらすというより、からだ全体が波うって、かってに動きはじめています。「意識を背骨に集中しなさい」と朱先生が言います。そうだ、体操ではないのだ。仙骨から腰椎へ、さらに胸椎、頸椎へとのぼって今度は一椎ずつ意念をもって下降します。「いいなぁ、いい気持ちになりますねぇ」という朱先生の言葉が私のからだのここちよさを増してくれます。

もちろん、築基功の練功で快さを感じるまでには多少の時間がかかりました。
当初、私の動きはぎこちなく、かたさもとれませんでした。朱先生は著書のなかで、蛹動のなかに擺動があり、捻動があり、擺動のなかに捻動があり、と禅問答のようにおっしゃっています。先生のDVDを見ながらの練功もし、なんとかかたちになってきました。ある日の練功中、先生が「考えるのではなく感じること」といわれてはっとしました。そうです。私はものごとを理屈で考える傾向がつよいのです。気功でも私自身がみえました。
練功をはじめた当初は30分もつづけていると足底がしびれてきました。三七勢を忘れていたのです。体重の七割を踵にかけ、残りの三割を指先に置きます。姿勢に誤りがあると、下肢の血流がうっ滞するのだなあと実感しました。基本に忠実こそ大切です。

先生はつねづね「密処をゆるめて」とおっしゃいます。スポーツでは一般的に下腹部に力をこめよといいます。坐禅でも丹田を意識し、どっしりと坐れといいます。ですから朱先生のいう「おしっこがでるかでないか」の感覚がなかなかつかめませんでした。でも築基功が少しずつ身についてくると、ふと密処がゆるんでいて、ゆら~りゆら~り背骨が動いているのを感じられるようになりました。からだの動きと感覚がくるまの両輪のように共鳴しあうように思えます。今日もまた私は仙椎から天頂までひとつひとつの椎骨のなかを「白っぽい意念」をうごかしつづけています。
憩室炎がおさまった!   40歳女性
何年か前に、ひどい憩室炎で苦しんだことがありました。
定期的に便を出さないといけないのに、それを怠ったことが原因です。 あまりの痛みで脂汗をかきながらお腹を押さえ、 やっとの思いで病院にたどり着きました。主治医も慌てました。 こんなことが、年に2、3回、25歳の頃から続いていました。 憩室炎が起きると38.0℃以上の熱が出ます。医者から「また起きたね。50代くらいまでもつかな? 最悪の場合は、手術して大腸を切除するしかない」とも言われました。憩室は、現代人の多くが持っているものですが、 これは食生活が欧米化したことと肉食が原因といわれています。また一旦できてしまうと治ることはないので、 便をためないようにして上手に付き合っていくしかありません。私も、持病だからとあきらめていました。

気功を始めた時の目的は、健康管理というよりダイエットでした。 今思うと、私が気功で授かった恩恵は体重減少だけではありません。 去年の花粉症時期もそうでした。鼻が詰まったのは数日間だけ。 2年前の春先は、苦しくて上を向いて寝られないので、 壁にもたれかかり座ったまま寝ていました。
そして昨日のことです。 長年、毎年出ていた憩室炎が起きていないことに気がつきました。 そろそろ出てもおかしくないのに…。 あのすごい痛み、だるさ、発熱。(あれ? 出ないなぁ…) 病院に行って、主治医に報告したいくらいのできごとです。 世の中の憩室患者さんにぜひ教えてあげたい!

私が気功が素晴らしいと思う点は、薬や医師に頼ることなく、自分の力で自分の身体を治すことができるということです。 完治することは無理にしても、 かなりの症状を軽減させることができます。 さらに、当てにしていなかった効果まで顕著に現れます。

身体のウィークポイントは人それぞれ違いますが、背骨を揺らし、ひねったり曲げたりの動作が、身体の不具合をもたらしている原因箇所に働きかけてくれるのは共通しているようです。私の周りの人たちも首をかしげながら、身体の改善を喜んでいます。 寒さでカチコチになりやすい季節ですが、これからも普段着のような気軽さで気負わずゆらゆらさせていきたいです。
最後に、気功に出会えて本当に良かったと思います。

築基功で、体脂肪率が大幅ダウン、基礎代謝量はアップ!   50代 男
Aさんは、大学の医学部で脳の研究をしている50歳半ばの医学博士です。築基功の練習を始めて、3ヶ月間で体脂肪率が大幅に減少し、基礎代謝量がアップしたという報告を頂いたので、ご紹介します。

Aさんは研究に没頭する毎日でしたので、最近肥満で、脂肪肝もあり、運動不足を気にして、2008年10月から禅密気功教室に通うことにしました。

週一回の教室通いと、毎日、朝夕2回30分間の築基功の練習を欠かさず続けたところ、一か月程で体が軽くなって元気がでてくると感じるようになりました。

現在練習を始めてから約3か月ですが、2008年11月中旬に測定した体脂肪率や基礎代謝量の数値と、2009年1月に測定した数値では、僅か一か月半で大幅な変化が見られました。
まず体脂肪率は、27%から19%へ8%も下がり(脂肪量が約7Kg減)、基礎代謝量は210ccも増えました。体重にはさほどの変化はみられなかったものの、筋肉量が約7kgもアップしていました。
嬉しいことに脂肪肝も病院の検査で正常になっていました。

外見も肥満型からしまった筋肉質になっているのが分かりますし、顔色も良くなり、艶もでて、大変元気になりました。築基功の練習のほかには、食事制限も他の運動もしていなかったので、この結果に大変驚き、喜んでいて、今後も練習を続けようと思っています。
毎日練習を続けることが、どれほど効果があるか、Aさんの例からも良くお分かりいただけると思います。
膠原病の症状が軽くなり、冷え性もすっかり治りました。     安東裕子
禅密気功(朱剛先生)に出会えて7年程。最初は健康が保てれば、と軽い気持ちで始めましたが、
その時にはすでに膠原病と甲状腺機能低下症におかされていた事が後で分かりました。
入院前に外気功を3回受けました。驚いた事に、一番問題の数値が入院時には半数に下がっていました。
退院後はステロイドの副作用で、歩く事も、物を持つ事もままならなくなりましたが、教室に行けばいつも優しい笑顔の先生や、入院中にも支えてくれた仲間が待っていてくれる。それを頼りにどんなに辛い日も頑張って通えました。

今では、以前の私を知る人達に「病気になる前よりも元気に見えるね」と言われます。
又、靴下が手放せなかった冷え性でしたが、今は不要になりました。
上達の遅い私ですが、気功は諦めずに続ける事が大切で、自分が気がつかないうちに身に付いてくる事がやっと分かり始めたこの頃です。
これからも頑張って通えるかぎり続けて行きたいと思っています。有難うございます。
体も心も良い方向に変化しています。   30代女性
気功を始めてから半年が過ぎましたが、体も心も良い方向へ変化していきました。
最初の頃は、練功していても集中できず、時間が長く感じられました。
体もあちこち痛くてグタッとする程の疲労感でしたが、今は気持ち良いなぁという感覚も分かってきて、体もスッキリします。気分の浮き沈みも前ほどなく、「何も考えない」という安定した気持ちが保てる事が多くなりました。先生がおっしゃる「良いなぁ、落ち着くなぁ」という言葉を思い出して、気分のバランスが崩れそうになると自分に言いきかせています。
体の変化は背中の余分な肉がすっきりとれたような気がします。
背筋を伸ばして歩くようなり、みぞおちの緊張も真と比べるとだいぶ無くなり、疲れにくくなりました。気功を始めて本当に良かったと思います。まだまだ良い効果が期待できるので、一生懸命に練功したいと思います。先生のおかげです。有難うございます
ギックリ腰が治りました。   60代女性
長年、ぎっくり腰、腰痛に悩まされていましたが、禅密気功の背骨を動かす功法により、
快復、治癒させていただく事ができました。
他の治療も試みては参りましたが、どれも一時的で、一向に治る事はありませんでした。

けれども背骨を動かす事により、身体に筋力がつき、強化され、弾力のある身体になることにより、治癒されていると実感いたしました。体力も気力もない私にとっては、免疫力もアップして、総てにその効果が発揮されている事に身をもって実感しております。
腰痛などで悩んでいらっしゃる方は是非、頑張って続けていただきたいと思っております。必ず克服され、効果が現れて元気になられ、そして明るい生活が送られる事と信じ、又、願っております。

今では気功を続けて本当に良かったと思っております。朱先生に感謝し、御礼を申し上げます。有難うございました。
風邪を引かなくなりました。年齢よりも若くみられます。   85歳男性
1. 風邪を引かなくなった。2. 元気が出てくる。
3. 足が丈夫になった。4. 持病の右尿管結石が改善された。
5. 同僚よりも歩くのが早くなった。6. 積極性の維持が続いている。
7. 記憶能力が歳(85才)の割合にしては劣っていない。
8. 実の歳よりも少し若く見られるようだ。
9. 入院(手術)しても回復力が他の人よりも早い。
10. 食欲が割合に旺盛である。(年齢的に)11. 不眠症になることはない。
幸せな気持でいる事が多くなってきています。   50代女性
気功練習の目的。
①健康面を改善すること。②心の安定を得ること。
できれば体調や環境や人間関係やそんな諸々に左右されず、常に静かで柔らかく優しく楽しい気持ちでいられるようになりたい。

目的の②に関して、まだ波がありますが練習を始める前の自分と比べると、良くない状態の時、その状態に浸りきってしまわず少し距離を置いて、その良くない状態を眺められるようになったような気がします。また良い状態の時はふわっと優しく周りのあらゆるものを愛しく感じるような、そんな気もちになります。そんな時は自分の全てを皆の幸せに役立つように使いたいと思ったりします。そんな気もちでいる時は自分も幸せになっています。そんな時がもっと長く保てるようにんなりたいです。
花粉症、便秘が改善されました。60代女性
花粉症、便秘が改善され、体の柔軟性が増し、ウエストが減少しました。
又、穏やかな気持、心が持続するようになりました。
曇り、のち晴れ  - 練功180日 -     三浦衛
2年前に左鎖骨を骨折し、固定バンドで自然治癒したものの、以後、さまざまな体の不調があらわれ、心療内科、整体、鍼灸など、いくつかの医療機関、治療師を訪ねました。
周りからは、だいぶ元気になったねと言われましたが、くもった体とこころがなかなか晴れず、
自分ではどうもまだ十分ではない気がして、昨年末、年が明けたら自分で継続的にできる健康管理の方法を身につけたいと思うようになりました。

インターネットであれこれ調べているうちに朱剛先生の本がヒットし、興味を持ち、アマゾンで早速注文。一読、深い見識に裏打ちされた由緒ある功法であることを知り、又、まだ見ぬ朱剛先生のお人柄も偲ばれ、これだと思いました。その後、朱剛先生の外気功を受けるべく江戸川橋の本部を訪ねました。その折、先生から「かならず良くなります」と励まされました。 ま た健康の基本は自分で練習することにあることも教わりました。先生のことばに後押しされるように、横浜教室の基礎コースに通い、家でも毎日、朝40分、夜40分の築基功・双雲功を欠かさずにするようになり現在に至っています。

築基功は蛹動、擺動、捻動、蠕動の四つですが、初めて先生の動きを見たとき、
かつて劇団に所属していたわたしには、さほど難しい動きとは感じられませんでした。
ところが実際にやってみると、なかなか思うようにいきません。気を感じることなど、まだまだ先に思えました。先生は、いつも気持ち良さそうに軽くなめらかに動くのですが、真似しようとしても、できないのです。
とうとう開き直りました。すぐにできることなら続ける意味はない。
本を読み、先生にお目にかかり、これに賭けようと決めたのだから、まずは続けてみようと。
それと、この動きはもともと日本にはない動きなのだ。

小学校以来、体育の時間、またNHKのラジオやテレビでやる体操とは基本的に異なる。
だから、基礎の基礎をちゃんと習得することが大事なのだろう…。教室へ通い、自宅で毎日練習しているうちに、少しずつ動きがなめらかになるように感じました。この動きでバッチリだと思い、鏡で自分の姿を確かめながら動いてみます。そうすると、やっぱりどこかおかしい。教室で先生の動きをじっくりと見る。すると、いろいろなことに気づかされます。
足首、膝、尻、腰、胸、肩甲骨、腕、手、手首、指、背骨の有機的つながり。

一見、ルールなど存在しないようにみえながら、実は長い伝統のなかで醸成されたであろう細密なルールにしたがった妙なる動き。まさに千変万化。精密機械よりもさらに精密に軽く柔らかく動いている先生の動きに目をみはらされます。
そうなってくると、教室に行くのがさらに楽しくなってきました。先生の微妙な動作の秘密を発見する喜びが加わりました。それをすぐに自分の体で試してみます。自分の体の動きをチェックし、気持ちの変化を楽しむようになりました。その頃だと思います。朝、目を閉じて捻動をしている時に、ひたいの辺りに青い光のようなものが浮かび、さまざまな形に変化します。変幻自在。あっ、と驚きましたが、これが気か、と、すぐに思いました。以来、光(のようなもの)は練習中たびたび見る(感じる)ようになりました。

さて、こうして続けている築基功・双雲功(特に主動運動は気持ちがよく、築基功とあわせ毎日欠かさず行っています)ですが、わたしが自覚できた効果はと言えば、おかげさまで、
①耳鳴りがなくなり、②熟睡できるようになり、
③食事が美味しく感じられるようになり、④首の両脇の奥の痛みをいつの間にか忘れ、
⑤朝起きると感じていた背骨の痛みが取れ、⑤体脂肪・内臓脂肪の数値が下がり、
⑦体が引き締まり、⑧朝の目覚めがよく、⑨なにごとにつけ意欲が増し、
⑩人から、元気になったねと誉められるようになったことなどです。

人からよく、元気そうですね、なにかやっているんですかと尋ねられます。
ええ、気功をやっていますと答えると、どういうのですかと訊かれるので、少し動きをやって見せたりもします。そんなことが縁になり、横浜教室に通い始める人がずいぶん増えました。ようやく晴れ間が見えてきたようです。
いいものは、口でそれほど説明しなくても、それぞれが体で感じ、その良さがわかるものなのでしょう。自分が良かれと思って始めたことに周りが興味を持ち同好の士が増えることもまた一つの喜び、たのしみとして加わりました。
今は、さらに研鑚をかさね、体とこころに良いこの気功を自分のものとし、だけでなく、人にも教えられるようになりたいものと切に願っています。(2007年7月)



       教室案内
    気功教室のご案内 
    教室参加方法 
    練習体験談 
    スケジュール 
    気功教室イベント 
    体験見学クーポン 
    会報紹介 
    会報抜粋記事 
Copyright © 2017 Nihon Zenmitsu Kikou Kenkyusho All Rights Reserved