◇ HOME ◇ 気功施術

外気体験談

朱剛気功師の外気を受けた方達の体験談を一部ご紹介致します。
様々な症状が改善されていらっしゃいますが、個人差があるのでどなたでも同じような結果を得られるとは限りませんが、参考にしていただければと思います。

  外気施術予約はこちらから    外気予約
  練習の体験談はこちらから    練習の体験談


奇跡を体験する                      70代 女性           new!

考えてみると かれこれ10年前くらいから 何度か起きている背中の痛みです。
ひどい時は熱と痛みと呼吸の苦しさに起きあがれず ずいぶんあちこちの病院で検査をし、画像も撮ってきました。
ようやく胸椎骨折が見つかったのは この年明け、内科のレントゲン画像でした。

どこの整形外科に行こうか、朱先生にご相談してみようか、と思案している時に 朱先生からご連絡をいただきました。
「骨折は外気功がよく効きます。」と先生の温かな声。 わたしは「ぜひ。」とお願いしました。いつ伺おうか?
夕方また 先生がお電話で「今の状態はどうですか?」と尋ねてくださいました。わたしは「今」ではなく 今回の一連の症状を伝えたく 症状を説明しました。先生は「整形外科の受診もしたほうがいいですね。」といわれました。

電話を切ってから気がつくと 痛みは治まっています。考えてみるとだいぶ前から 凪ぎのように痛みはなかったのです。それから 一時間半くらいすると 突然痛みと熱が戻ってきました。戻ってきたことで その寸前の痛みのない状態を はっきり自覚することになりました。
この時始めて 先生の質問の意味と 今までの現象が偶然のものではない と気がつきました。痛みは また だんだんゆるやかになり、楽に就寝しました。

早朝の4時頃に眼がさめて驚きました。全く痛みがありません。寝返りをうっても痛くない。「えっ?」立ち上がって背筋を伸ばしてみましたが 首も背中も痛くない。あまりの不思議と嬉しさに 声を出して笑いました。ベッドに戻って しばらくすると身体中 ことに両手足が異常に熱くなり、両足の甲が とてつもなく かゆくなってきました。見ると赤い発疹がポツポツと出ています。旺盛な血流に 皮下の毛細血管が所々内出血しているのです。その血流の勢いで左足の鼠蹊部が痛いくらいです。
「ああ、さらに症状が改善されつつあるのだ!」と確信して また眠りに落ちました。朝 目覚めと同時に 布団の中で まず左手人差し指を確認。思ったとおり ヘパーデン結節が治っています。指を動かしても関節が安定し痛みがありません。立ち上がってみると 左足のリンパ浮腫が かつてないほどきれいに退いていました。

ああ、これが遠隔気功というものなのですね。受信側の無知などまったく関係なく、紛れようもない明確な物理的なエネルギーを 身体が受けて治癒したのです。古代より聖書にも仏典にも語られる奇跡というもの それを現実に こんなにも易々と体験したことは ただ驚きと感動でした。その2日後 先生に言われた通り 整形外科を受診しましたが、胸椎には何の異常もないとの診断。 翌日 骨折が見つかった最初の病院で もう一度レントゲン写真を見せていただきました。画像には 最初に見たとおり いくつにも割れの入った骨の画像がありました。                   2019.1.9


瘍が小さくなり医師も驚きました      60代女性
2016年10月5日 肺の腫瘍が大きくなりました。
2016年10月末から朱先生の外気功を受けに通いました。
2016年11月18日 腫瘍マーカーの値が大きく減り、腫瘍が縮小したことがわかりました。
担当の医師が、驚きとともに喜んでくださいました。
腫瘍がなくなりました     80代女性
2016年 8月
検査で、左肺に腫瘍が見つかり、癌の可能性があるとのことで医師から手術を勧められました。年齢による体力的なことからも、なるべく手術を受けない方向を望み、朱先生の外気功を受けに2016年の夏から通いまいした。
2016年 10月
この秋には腫瘍がなくなっていました。
腫瘍が縮小しました      30代女性
2009年 乳がん手術
病理では0期で転移の心配は無いとの事で、手術以外の治療はしませんでした。
念の為、年に1回定期検査は受けていました
2015年3月の検査で、肺にいくつか腫瘍が見られると言われました。乳がんの転移でホルモン陽性(女性ホルモンが原因となる)タイプなので、生理を止める注射とホルモン剤を飲む治療がいいだろうと言われました。この頃は自覚症状として息苦しさがありました。

主治医からはホルモン治療は、重い副作用は殆ど無いが、効果も急には出ないようなお話をされました。また、効果がある人でも、大半は現状維持で縮小する人はあまりいないようでした。 また、ホルモン陽性であっても効かない場合もあると言われていました。

それでも副作用が少ない治療を受けたかったので、3月半ばからホルモン療法をスタートしました。
スタートした頃は、ホルモン療法で何とか効果が出てほしい…少しでも長く治療を続けたいという思いと、息苦しさを改善したい事と、まさか自分が転移するとは考えた事もなかったのであまりのショックで精神状態も良くなかったので、 病院の治療以外に何か始めたいと思い、自分なりに色々と調べて信頼できそうな朱先生の外気治療を受けてみる事に決めました。

4月から外気治療に通い始め、瞑想会にも参加させて頂き、その後は自宅で毎日練習もしました。 先生に外気をして頂くと暖かくなって気分が良くなります。悪い箇所は特に熱く感じます。練習は上手にやれているかわかりませんが、1日1~2時間やっています。


5月頃から徐々に息苦しさが消えていき、今では殆ど苦しくないです。精神的にも安定してきて、周りの人にも「昔より元気だね」と言われるくらいになりました。


7月に検査をしたところ、3月にあった腫瘍は全て縮小していました。他臓器にも何もありませんでした。主治医からは「ホルモン療法が効いています。良い結果です。」と言われました。 治療の継続も決まりホッとしました。でも私は、全ての腫瘍が縮小までしていたのは気功のおかげだと思っています。これからも続けていきたいです。

網膜剥離の発症を抑える事ができました  50代女性
私が初めて朱先生にお目にかかったのは10年程前のことだったと思います。勤めている会社の当時の社長がガンになり、朱先生から外気功を受けていたのですが、先生は時には会社に来て外気功をして下さっていたので、先生のお顔だけは存じ上げていました。私はあまりテレビを見ないので気功が一時ブームになっていたことも知らず、気功というものがどういうものなのか全く知らなかったので、外気功のお陰で社長のガンが消えたと聞いた時も、不思議な事があるものだなあと思っただけでした気功のことを思い出したのは3年半前の事です。

眼底検査を受けた際に、網膜に薄くなっている個所があるので網膜剥離を起こす可能性が非常に高い、充分に気をつけ何かあったら直ぐに来るようにと病院で言われてしまったのです。
その時に、自分でもなぜだかわからないのですが、外気功を受けてみようと思いました。
知人に網膜剥離を起こした人と、その前の段階の網膜裂孔になった人がいて、その人たちから手術やレーザー治療が成功してもこの病気は再発することが多いと聞いていたので、なんとか発病を抑えたいと思ったのです。気功がどういうものなのか知らないままでしたが、とにかく朱先生から外気功を受け、病院での定期検査も欠かさず、それでも剥離が起こってしまうのなら諦めがつくと思いました。

初めて外気功を受けた日のことは今でもはっきり覚えています。先生はまず私の全身をじっとご覧になりました。私は眼以外にも気になっている部分があったのですが、先生は「あれ?」というようにその部分をじっとご覧になったのです。眼の事しかお話していなかったので、「先生には見えているのだ」とすっかり安心してしまいました。

先生が横に立って外気功をしてくださった時には、全身が重くなり足の裏がびりびりしました。
次にあお向けになって外気功を受けたのですが、上からとても強い力で押さえつけられまるで金縛りにでもあったように身動きできなくなってしまいましたが、いやな重さではなく、とても心地良かったのを覚えています。驚くことにこの間、先生は私には指一本ふれていなかったのです。初回の外気功の時から、このような素晴らしい体験をさせていただきましたので、定期的に外気功にかよわせていただくことにしました。

外気功に通い始めて3ヶ月目に先生から「自分でも気功を練習したほうがより効果があがる」と言われ、一大決心をして築基功の集中コースに参加させていただくことにし、それ以降、週一回の教室にも通わせていただくようになりました。先生がおっしゃった通り、自分でも練習を始めてからは、外気功をしていただいても効果が全く違い嬉しく思っています。目を閉じて外気功を受けているのに、まぶしいほどの光が見えたり、後ろに引っ張られてあお向けに倒れそうになってしまった事もありました。背中と腰を痛め、這うようにして外気功を受けに行き、外気功後はまっすぐに立って歩いて帰れたこともあります。中でも一番嬉しかったのは、亡くなった母の姿がはっきりと見えた事です。外気功を受けていると、いろいろ不思議な事がおこりますが、そういったことも全て素直に受け入れられるようになり、とても嬉しく思っています。おかげさまで定期検査に行っても病院側の口調もすっかり変わりました。

以前は何かあったらすぐに来るようにと言われていたのが、今では症状も安定しているのでこのまま様子を見ましょう、一応定期検査だけは欠かさないようにと言われるまでになりました。

そのほかにも30年以上も悩まされてきた花粉症、頭痛などもすっかりよくなりました。
気功のお陰で良くなった点をあげればきりがない程です。
子供の頃から体が弱く、どこか具合が悪くてあたりまえで、常に薬を持ち歩いていたのがうそのようにすっかり元気になり、友人は皆びっくりしています。以前は友人と会っていても途中で具合が悪くなってしまうことがよくあり、そのたびに迷惑をかけていました。今では私に迷惑をかけられなくなって嬉しいと言って、友人たちすら朱先生に感謝するほど。私は丈夫になりました。これも皆、先生のお陰と本当に感謝しています。
自律神経失調症、花粉症、いびきが改善されました    60代女性
自律神経失調症でめまい・首から腕にかけての痛みなどで、漢方薬を飲み続け、他の民間治療にも通ったりしておりました。しばらく経って、もっと効果のある治療法があるのではと模索していたところ、インターネット上で禅密気功と出会ったのです。

2年前の12月5日、1回目の外気功を受けた時の事は忘れられない嬉しい体験でした。
夏でもめったに汗をかかない体質だったのですが、いきなり額から汗が出て体がポカポカ暖かくなり、終ってみるとなんとも言えない幸せな気持ちになりました。
何度かの外気功を受けている途中で漢方薬も止めて(飲みたくなくなったのです)、体調も良くなり、先生に外気功はもういいですよと言っていただき、教室での練習はそのまま続けることにしました。

今ではめまいも痛みもなくなりました。汗もかくようになり、新陳代謝がよくなっているようです。
また、花粉症や鼻炎で長年苦しんできた主人が、5回の外気功ですっかり良くなり、
去年も今年も花粉の季節でも悩まずに平穏に過ごすことができました。
おまけにひどい「いびき」まで治ってしまったのです。夫婦ともども有難うございました。
肺の影がなくなりました
つい先日おきた不思議なことをお伝えします。
今年の2月、生まれて初めて人間ドックを受け、肺に異常が見つかり、CT検査で右肺の後部に小指大の異常陰影を指摘されました。
3月に肺内視鏡による組織採取などいろいろな精密検査を受けましたが、悪性の可能性は無いとのことで一安心。しかしその部分が大きくなっていかないか3ヶ月後にもう一度検査をすることになりました。

3月下旬、以前から興味があった禅密気功の朱先生に外気功を受け、その時先生に「後は、教室に通って自分で気功を練習するといいですよ。」とアドバイスされました。5月からの築基功のクラスに毎週通い、毎日朝晩練習に夢中になっているうちにいよいよ7月、再度検査の日がやってきました。5日にCTを撮り9日に結果を聞きに御茶ノ水の病院に行きました。自覚症状など無いのですが、その部分が大きくなってないか不安でした。先生は、たくさんのフィルムを私の前に並べ、説明をはじめました。1枚のフィルムの1部分を指差して、「林さん、実はあの小指大の陰影がないんです。きれいに無くなっているんです。」突然で予想もしていなかった先生の言葉を聞いて、嬉しさを飛び越して驚きのあまり言葉が出ませんでした。先生は首を傾げていました。「原因や理由は分かりませんが、すっかりきれいになっているので。」そして最後に「もう、こちらにはいらっしゃらなくていいですよ。」と先生は笑顔でおっしゃいました。家内と小躍りしたい気持ちを抑えながら診察室を出て、病院のテラスのスターバックスのカプチーノをいただいているうち、ようやく驚きが喜びに変わっていきました。

2月、ドックのあと肺の異常を伝えられた時、「まさか自分の身にこんなことが起きるとは」と最悪のことを考えたのですが、今は、「まさか、このような不思議なことが自分に起きるとは」と、貴重な体験をさせていただいたことに感謝しています。そして、この度の経験のお蔭で、健康でいることの有難みをあらためて感じ、「ただシンプルに生きていること」がとても大切に思えるようになったことは掛替えのない財産です。 朱先生をはじめ、いろいろ教えてくださった先輩の方々、クラスの皆さん、3ヶ月の間ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。(2007年7月)
敗血症が治りました 匿名希望
今年92歳になる母に起こった奇跡についてお話をさせていただきます。
今年の4月19日、40℃の高熱と意識障害で深夜に救急車を呼び、そのまま緊急入院。
診断は胆嚢とそう胆管に石がつまり敗血症とのことでした。敗血症は早いと三日、もっても三ヶ月と言われる恐ろしい病気です。 それから二週間絶食、点滴だけでどんどん体力も落ちて行き、最後の親孝行のつもりで、藁をもすがる思いで朱先生に連絡を取らせていただき、ご無理をお願いして、病院へ来ていただき、外気功をしていただきました。それから本当に奇跡が起こりました。

初めて外気功を受けた母はそれまで寝たきりだったのですが、とても元気になり、朱先生が帰られた後、それまで死にそうだった母が一人で起き上がってトイレに行き、それだけでもびっくりしました。次の血液検査の時には敗血症と言われた血液の毒素の数値が正常に戻っていました。お医者さんも首をかしげるばかりでした。
母が朱先生に外気功をしていただいた時に語った言葉を皆さんにお伝えしたいと思います。「馥郁(ふくいく)たる香りに包まれて、色のない色が漂っているようになり、その中で体が軽くなり、ほんわかと宙に浮いているようになり、どんなものにも負けない力が湧いてきて、不安が消えていく」と話してくれました。「先生の手から人柄も伝わってくる」とも話してくれました。
「真正直に生きている人。欲は必要のない人。人のために施し、自分の思い通りになったとホットしている。公平に仕事をしている人。邪悪というものが周りにない人。朱先生は周りが盛り上げたくなる人。清浄無垢な人」と病気で苦しい母が、気持ちよさそうに、楽しそうに話してくれてびっくりしました。

お陰様で、5月20日に無事退院することができました。そのときには総胆管の石も消えていました。病院側は不思議だったと思います。余談ですが、胆嚢の石は9月25日に開腹手術で胆嚢ごと摘出してしまいました。手術前々日の9月23日に、朱先生に外気功を入れていただき、母も安心して手術に臨むことができました。病院側は癒着などを心配していましたが、癒着もなく本当にきれいな胆嚢でした。
これも朱先生に外気功を入れていただき、免疫力、自然治癒力が上がり、よい結果が生まれたと本当に心より感謝しております。(2006年11月)
子宮ガンと言われて (外気を受けて元気になりました) 40歳代女性
私は昨年、子宮ガン初期0期と言われ子宮全摘出の告知をされ、耐えられないショックを味わいました。富士見教室の續先生に気功を習い始めて2年目の事でした。續先生に相談すると、朱先生に電話をして下さいました。以前から朱先生の本と、外気で癌を克服されたお話は聞いていました。いつもビデオで朱先生にはお会いしていたのですが、実際に初めてお会いするとニコニコしながら外気功が始まりました。

冬の寒い日でした。厚いセーターを着ているのにお腹が熱いのです。お腹の芯が鈍い火傷をしているような鈍痛、その痛みが夜中まで続き、朝になると治っているのです。その鈍痛は1月から3月まで続きました。まるで電気メスで焼ききったような感覚でした。 私は「あ、効いている、焼き切った。」と確かな手ごたえがありました。これは消えている、絶対に腫瘍マーカーも下がっているに違いないと確信していました。それに体で感じた事ですが、以前はすぐに疲れてだるさがあったのですが、動けるのです。疲れなくなってよく眠れるようになったのです。

4月になると外気功での痛みは治まり、気持ちよく受ける事が出来るようになりました。仕事で腰痛がひどく、外気を受けていると腰にだるさが集中して、子宮に集中して、その重苦しいだるさが太股から足首、足の裏から床へ、まるで黒い煙のようなイメージで出て行くのです。終わると重苦しいだるさが全く無くなっているのです。「凄い」の一言でした。

朱先生から「病院に行って見てください、良い方向に向かっていますよ!」と言われました。私は腫瘍マーカーが一つ下がってくれればそれで良いと思っていました。ところが医師からは「正常ですね。手術の必要は全くありませんよ。異常なしです。がん細胞は見当たりませんでした。奇跡ですね。」と言われ、医師は首を傾げていました。私は「えっつ!!」と、涙がボロボロこぼれて止まりませんでした。

検査後、朱先生に再発防止にもう少し外気をお願いしました。お腹の中でパチンと音があるような、ガラス玉が破裂したような衝撃があり、5回、6回と何度も飛び上がり、ビックリ。最後の細胞が破裂して消えていくような感じでした。昨年からとても心が苦しかったのですが、気功をすると心が落ち着きます。そして今とても穏やかな心と平静な気持でいられます。心の変化と体調の変化がとても有り難く、すがすがしい気持です。

江戸川橋教室の金曜日のクラスの皆様、朱先生は、一緒に私の事を喜んで下さいました。有難うございます。そして富士見教室の皆様、續先生、大変有難うございました。心の底から嬉しいです。本当に有難うございました。感謝しております。 (2005年6月)
手術が不要になりました  中島 通子
以前から体調が悪く、4月初めに病院で、CTスキャンと血液検査を受けました結果は、「白血球量が多く、副腎形状に異常あるため手術の必要あり」との診断でしたが、そのまま禅密気功中国研修旅行に参加しました。研修3日目の練習中に、天頂(頭頂部のツボ)から副腎に光が通るのを感じ、それ以降体が軽くなった気がしました。帰国後、病院で手術前の検査をしたところ、白血球量は正常値の上限に収まり、副腎形状も正常に戻っており、手術の必要はなくなってしまいました。病院の先生は、「原因が分からない」と不思議がっておられました。
癌が消えてビックリ、禅密気功の真髄に触れました   松岡 政世
平成4年9月の乳癌の手術後一年半、抗癌剤の点滴を続けました。しかし鎖骨のリンパの腫れに気付き、主治医からは入院による新薬投薬治療を勧められましたが、検査が終わるまで待ってもらうようにお願いしました。検査は幸か不幸か5ヶ月かかり、肝臓と胸膜にも転移していることが分かりました。(結果的には、この期間に朱先生と禅密気功に出会い、入院による新薬投薬の必要が無くなってしまったのですが・・・)
検査の結果を待つ間に民間療法を色々試していましたが、ある日朱剛先生を紹介されました。

先生は、 「人は誰でも気(生体エネルギー)を持っています。これは、練習によって強くすることが出来ます。この強くなった気で病部を健康にすることが出来ます。 つまり、本来人間は、自ら病気を治癒する力を持っているのです。気功により、この力を強くすることができるのです」 と教えて下さいました。

それ以降、先生の外気功を受けながら、教室に通うことにしました。

始めると、背骨を主体とした築基功は理に適っており、とても気持良く、毎日数回練習を続けました。3週間位経って、いつもの様に先生の外気功を受けていた時、 肝臓の上の空気が大きく波打ったのです。ビックリして飛び起きましたが、この時に変化があったのだと思います。 検査後のエコー検査では、 肝臓にあった大きな癌が見つかりませんでした。 病院では、「おかしい」と先生が二人がかりで探したのですが、癌の影も形も見つかりませんでした。それ以来、主治医は「入院による新薬治療」とは言わなくなり、「様子を見ましょう」ということになりました。それでも鎖骨のリンパの腫れは大きくなるばかりで心配でした。

しかし、初めて朱先生にお会いしてから2ヶ月少し経って、先生の外気功を受けながら、「自分でも一緒に自分の気を癌の所に持っていきなさい」という先生の指示に従って、一生懸命イメージしていました。すると、 第三の眼、慧中(眉毛の間)に、自分の上半身の白い輪郭線が見え、癌の部位が白い球状に浮かびました。そして、その球から外に向かって一条の青い線が見え、鎖骨の癌を基点として身体中に、今までに感じたことのない強い電気の様な痛みが走りました。

次の日から、不思議なことに、 直径20mmあったリンパの腫れが徐々に小さくなっていったのです。2ヶ月後には安全圏の高さ4mm以下の死骸となってしまいました。主治医の先生もビックリして、「気功は良いと言ってもだねぇ・・・(モゴモゴモゴ)」ですって。禅密気功の神髄に触れた気がしました。
余命三ヵ月と宣告された末期大腸癌から生還   井出 祐一
56歳になる義兄が、「末期大腸癌で手術も出来ない」と診断されたのは、1995年夏のことでした。癌の転移により胃が圧迫され、胃液が腸に流れないため、鼻から管を入れ胃液を排出しながら、夜中まで点滴による栄養補給をしており、手術も無理な状況でした。 戦時中、中国で気功の効果を体験していた義父の希望で、気功に一縷の望みを かけて朱剛先生に外気功による施治をお願いしました。

10月に二回の外気功施治により、心身の状態が改善し、本人の回復への意欲 も盛り上がり、11月に手術を受けることになりました。その際、医師から「治 る可能性のある場合は、半日かかるが、そうでない場合は、2時間以内に終わり ます」との説明を受けて開始したのですが、一時間半で終わってしまい、 「余命は三ヵ月」と宣告され、本人への告知と自宅療養を勧められました。以降、週一度の通院と、一ヶ月に二度の外気功施治を継続して行ってきました。手術後二年近く経ちましたが、医師の診断とは逆に様態は徐々に回復してきて おり、15ヶ月目からは会社へも復帰し、一日中立ち詰めのきつい仕事をこなしております。又、夏祭の世話役を買って出る等、公私にわたり活躍できるまでになっております。
卵巣摘出手術を回避出来た!    30代女性
初めて不妊の治療に行ったのが14年前。ドクターの指示を忠実に守り、そして信じ、「いつかは私も授かるでしょう」と頑張って頑張って11年・・・(2年前のことです)。OPE、内服薬、ホルモン注射、対外受精、レントゲン検査・・・ありとあらゆる検査と薬。のぼせ、ほてり、肩こり、頭痛、頭重、だるさ、歩行不可等の副作用と闘いながら、それでも、ドクターの指示を仰ぎ、守り、頑張った結果、ある日女性ホルモンがストップしてしまいました。ドクターは「様子を見ましょう・・・」。半年、1年、1年半、それでも「様子を見ましょう、ストレスが原因かも・・・?」ハッキリしない答え。ドクターを信じ切っていた私は、それでも危機感をあまり感じることもなく過ごしていました。

ところが、その後、30代の私に更年期障害と似たような症状が現れ、うつ状態がひどくなり、変だ?変だ?と、急に不安な毎日が私を襲ってきました。
病院をかえて、ある婦人科へ行き、その時、事の重大さがわかりました。「治療の方法はありません。なぜそこまで放っておいたのですか?」あわてて2、3ヵ所の大学病院へ行きました。そこでも血中ホルモン検査は前と似たりよったり。結果は「治療の方法はありません」。

私の場合、過去に色々な病気をして、その治療をしたため、確率的に癌になりやすく、この先、安心な生活を送りたいのなら、「卵巣摘出がよいでしょう」と手術を勧められました。何を言われているのか理解できないほど、茫然として涙すら出ません。どのように帰ってきたのか覚えてなく、心はひどく傷つきました。
何冊もの婦人体温表をごみ箱に捨てたのが去年11月です。平成9年12月のはじめ、私を実の子のように愛してくれる人から朱剛先生の気功を勧められました。「元気になるから」という励ましの言葉に支えられ、「初心者短期集中コース」に参加しました。師走の12月13、14日のことです。
あれから8回、朱先生の外気施術に通い、気を入れてもらい、毎日朝夕2回の三円功と築基功を不真面目だけど時々20分練習に励みました。

朱先生に気を入れてもらうと体が柔らかい何かに包まれて、空中に浮いているようなフワフワとして心地よいものが感じられ、下腹部が温かい何かにもみほぐされているような不思議な感じでした。
まるで縁側でひなたぼっこしながら、ウトウトと昼寝している心地よさによく似ていたと思います。2月の末、体に変化が起きました。悪いほうに考えてしまう私の心は不安で眠れないほどでした。朱先生にお話したら「気功をしている人が悪くなるわけがありません」とハッキリ言って下さったので、検査を受けることにしました。その結果、何と卵巣が機能していたのです。普通の人に近いほど、卵胞ホルモンを出してくれるようになりました。半信半疑で検査を行ったドクターは、頭をかしげていました。言葉もありませんでした。

やったあ!バンザーイ!バンザーイ!気功が証明してくれた!ちなみに気功の効果を知りたくて、頭痛、胃薬、すべての薬、一切飲んでいませんでした。花粉症の私が点鼻薬、点眼薬、内服薬なしで、今年過ごしていられるのも気功の効果があったと考えております。

これほどに自分の体を愛しく思えたことはありません。たとえ完治でなくても、とりあえずここまで私の体を元気にし、心を幸せにしてくれた気功の素晴らしさに「有り難うッ!!」と言いたいです。「もっと良くなろう」とか「もしかしてこれから悪くなるのかも?」と考えるより、ここまで治癒できたことに感謝し、今の自分を素直に喜びたいのです。朱先生に出会って気功という素敵なことに触れ、また縁という架け橋を作って下さったY・Oさん、心から感謝しています。

TOP


       気功施術
    外気体験談 
    禅密気功施術 
Copyright © 2017 Nihon Zenmitsu Kikou Kenkyusho All Rights Reserved